土壌の良さ=コーヒーの質

規格が揃う上質なインド産のコーヒー豆

農園にはコーヒー育成のために必要な影を作る針葉樹林が十分にあります(インドは暑すぎてコーヒーの木のそばに樹を植えて、陰を作り気温と日射量を調節する取り組みがあります)。これらの木には50種類をも超える鳥の巣があります。それまで継続的な化学肥料の使用に考慮し、コーヒーパルプ、家畜などの自然なものから豊かな堆肥を作り、栄養のある土壌を維持することに成功しています。またこの取り組みを10年以上続けており、化学肥料の使用は減り続けています。

その取り組みの甲斐あってか、チャンナ農園のコーヒー豆には深みがあり、一概にインド産のコーヒー豆というくくりではなく、農園でこだわった栽培をされているからこその「深さ」のあるコーヒー、そして後味すっきりとする味を是非ご賞味ください。