【生豆情報】ニカラグア

カリブ海に面した自然豊かなコーヒー生産国

カリブ海と聞くと、綺麗な海があって、豊かな緑が生い茂る場所と連想する方が多いでしょう。そのイメージ通り、ニカラグアはカリブ海に浮かぶ数々の島もニカラグア領土のものがあり、綺麗な海岸や火山などの豊かな自然は観光地として名高いです。その中でもコーヒー生産は、ニカラグアの輸出品の上位を占めており、国の経済を支えています。

ニカラグアは雨季と乾季がはっきりとしており、5月~10月の雨季には雨量が多く、11月~4月は乾季です。平均気温は少し高めですが、ニカラグア南部では500M~800M、北部では650M~1650Mの高地で栽培されています。

ニカラグアコーヒーの特徴

ニカラグアコーヒーは「甘い」のが特徴です。また、優しい口当たりで苦みもそこまで強くなく、非常に飲みやすいコーヒーだと思います。高品質なコーヒー豆もあり、ジャパニカ地方の豆が、標高高さでクオリティは分けされています。クオリティの高い豆を飲んでもらうのも、ニカラグアコーヒーを知ってもらう手段かもしれませんね。

送料無料キャンペーン

最近の投稿

  • 【生豆情報】一番手摘み ドゥアスポンチス農園
    2018 4.25

  • 【生豆情報】コロンビアエメラルドマウンテン
    2018 4.18

  • 【生豆情報】農園について
    2018 4.11

  • 【生豆情報】 コスタリカ
    2018 4.11

  • 【生豆情報】コートジボワール
    2018 3.28

カテゴリー