【生豆情報】エチオピア

コーヒー豆発祥の地

みなさんKALDIを知っているでしょうか。今エキナカにお店があったりするチェーン店さんの名前でもありますよね。このKALDIという名前はコーヒー豆を発見した人の名前なんです。ある日山羊を放し飼いにしていたところ、山羊が赤い実を食べると踊り始めるという光景を見たことから、今の「コーヒー」が始まりました。

エチオピアは国土の多くが高地で、小さな農園が多く集まっています。そして気候も比較的涼しい気候且つ、川や、湖という自然資源が非常に豊富な国です。

エチオピアコーヒーの特徴

何と言ってもフルーティさが大きな特徴です。「シダモ」という種類は特に「コーヒーの女王」とも呼ばれ、すばらしいフルーティさと適度な酸味は、世界各国にファンを持ち、生豆としても高級品です。比較的他の豆とは苦みが少なく、コク、甘味は控えめかなと感じられますが、ロースト度合いによって変化するので、色々なローストで飲んでみるといいかもしれません。

送料無料キャンペーン

最近の投稿

  • 【生豆情報】ホンジュラス
    2018 2.21

  • 嗜好品ではなく、至高品へ。
    2018 2.19

  • 【生豆情報】インド
    2018 2.14

  • HPに懸ける想い
    2018 2.12

  • 30年間という月日
    2018 2.05

カテゴリー