HPに懸ける想い

コーヒー業界の現状

去年のYahoo!ニュースに「フォースウェーブコーヒーが2018年来る?!」という記事があった。スターバックスやブルーボトルコーヒーのように、一杯ずつドリップしてくれるスタイルが巷では「サードウェーブ」というらしい。このようにヨコ文字にして、店内をお洒落にして、話題性のある商品を作るということが、現代の「カフェ」という業態が生き残っていく現状らしい。

昔の喫茶店は、ここまでセンスのいいものではなかったとは思う。というのも、みんな店内でたばこが吸えて、サラリーマンなら商談前にコーヒーをすすっていければいいくらい。コーヒーなどは利益率がいいし、店に入れば何かしら頼まないといけないから、みんな決まってブレンドコーヒーを飲んでくれる。こんなざっくりとした気持ちで店を経営してきたお店が多かったと感じる。

しかし、「コーヒー」のリテラシーが高くなってきた時代に、今でいう街の喫茶店みたいなお店はどんどんなくなっていった。生き残りをかけるために、料理に力を入れたり、店内に力を入れたり、テイクアウトできるようにしたりと試行錯誤していた時の、大手チェーン店の進出だった。大企業は資金の体力が全く違う。駅前に何店舗も作り、それより先にはお客さんがいかない。ましてや、自分の店の近所の人はわざわざ駅前にいって、流行っているお店にいく始末。これでは経営を続けていく体力はすぐに尽きてしまうのは無理もない。

消えゆく自家焙煎コーヒーの希少性

生き残ったお店は逆に何が良かったのか、もちろんすべてが功を奏した取り組みではなかったとは思うが、確実に言えるのがお客様にとって、珈琲物語が「どんな存在だったか?」ということ。皆さんは実家に帰ると、どこか懐かしくて、落ち着いて、ゆっくりしたいと思えて、両親と話したいと思えて、一人で考えた地と思える気持ちに、無償になった経験はないだろうか。珈琲物語であればそんな店作りを心掛けている。

もちろん当店の珈琲豆にこだわる姿勢はblogでも公開しているが、そんな想いを持ちながら、HPのblogも、商品の展開もしていきたいと思っている。「物語ブレンド」を作るときも、飲む人はがこんな場面で飲んでほしいなと。それにはこういう味に感じてもらいたいなと。一つ一つコンセプトを考えながら作っています。(詳細は商品ページにて)

徐々にHPも知ってもらえて、更新している意味がでてきました。これからもコツコツ目の前のお客様の大切な存在になっていけるよう精進していきます。

 

送料無料キャンペーン

最近の投稿

  • 【生豆情報】コロンビアエメラルドマウンテン
    2018 4.18

  • 【生豆情報】農園について
    2018 4.11

  • 【生豆情報】 コスタリカ
    2018 4.11

  • 【生豆情報】ニカラグア
    2018 4.04

  • 【生豆情報】コートジボワール
    2018 3.28

カテゴリー