【生豆情報】インドネシア

熱帯気候が生んだ良質な苦み

ざっくりとインドネシアと聞いても、ピンとこない人も多いと思うが、「マンデリン」と聞くと、コーヒー店で見かけたことがあるのではないだろうか。そう、そのマンデリンの生産国こそ、インドネシアである。インドネシアは熱帯気候で、イメージそのまま、熱い。その熱帯気候が作り出すコーヒー豆は世界でも非常に評価が高いのだ。また、コーヒー豆の高級品と名高い「トラジャ」。これもインドネシアのコーヒー豆です。

インドネシアには火山が多く、それによってもたらされた豊かで一定の湿度を保つことができる土壌はコーヒーの栽培に非常に適しています。そして、標高1000M以上の高地では昼夜の寒暖差が大きく、より品質のいいコーヒー豆が育つ環境になっています。

栽培されるコーヒー豆の品種のほとんんどはロブスタ種で独特な強い苦みと、香りがあり、ブレンドにもよく使われています。この独特の苦みと香りがクセになります。トラジャ島で栽培される豆はアラビカ種で、これらは特に評価が高く、香り高く、どこか上品な風味を楽しむことができます。

クオリティの分け方は欠品豆の数によって決まりますので、もちろんクオリティや農園を選んでの精査はもちろんのこと、ピッキング作業の念の入れようが、味の決め手を大きく左右します。雑味がないところほど、丁寧にピッキング、焙煎をされているかと思います。焙煎屋の腕が見られる豆ですね。

 

送料無料キャンペーン

最近の投稿

  • 【生豆情報】ホンジュラス
    2018 2.21

  • 嗜好品ではなく、至高品へ。
    2018 2.19

  • 【生豆情報】インド
    2018 2.14

  • HPに懸ける想い
    2018 2.12

  • 【生豆情報】エチオピア
    2018 2.07

カテゴリー