ブレンドのこだわり

看板商品=店の顔となる商品であること

ここではあまり何をブレンドしているという話をするつもりはなく、珈琲物語が「ブレンド」にこだわっている理由を書きたいと思う。コーヒー店に行くと、やはり目に付くのは「ブレンドコーヒー」。コアな人でなければ、特段何をブレンドしているかとか、何種類ブレンドしているかなどは疑問には思わず、苦い、普通、スッキリの3パターンの苦みの好みの選択になってくる。

ここがすごくポイントだと考えている。もちろん珈琲が大好きな方は是非私に聞いてくださいと言いたいが、お客様はそのような方々ばかりではない。作業をしたい人、お話しをしたい人、もしくは特に飲む気もなくお店にいる人。目的は十人十色だと思う。そんな中でやはりブレンドは注文してくれるのである。

ここで珈琲物語のファンにするのはここである。一口でも飲んでもらえれば、間違いなくファンになってもらえる自信があるブレンドを提供している。

物語ブレンドは苦みとコクが好みな方は、頷きながら飲んでもらえるくらい奥深さを表現しているし、マイルドブレンドはパンなどの軽食とも合うようにもできているから、友達と話しながら飲んでもらうには最適。ライトブレンドは苦みがあまり得意ではない人向けに、口当たり、後味もスッキリにしている。

このようにどんな方も珈琲を「楽しめる」ように作っているのだ。一つ一つのブレンドにその方に飲んでこんな風に飲んでもらいたいというコンセプトのもとブレンドしているからこそ、珈琲物語は北千住で30年やってこれたと思っている。

バリエーションを増やす案も度々考えるが、やはり鉄板のブレンドの構想は崩れない。何と言ってもお客様が「これ大好き!」といってくれるから。一つでもいいので、ブレンドを飲んでみれば、珈琲物語が伝えたいことがわかってもらえると思います。

送料無料キャンペーン

最近の投稿

  • 【生豆情報】コロンビアエメラルドマウンテン
    2018 4.18

  • 【生豆情報】農園について
    2018 4.11

  • 【生豆情報】 コスタリカ
    2018 4.11

  • 【生豆情報】ニカラグア
    2018 4.04

  • 【生豆情報】コートジボワール
    2018 3.28

カテゴリー