カフェドランブル@銀座

デミタスを飲むべし。。

ここは一見BARかと思うほどの店内で、カウンターの中にはマスターが。もちろん騒がしくもなく、みんながそのマスターの「技術」に目を釘付けにしている。そう、何を隠そうこのお店の真骨頂は、「ネルドリップ」で抽出するのである。

ネルドリップとは、ペーパードリップと違い、より高度は技を必要とする。コーヒー豆全体のふかし方、お湯のたらし方、すごく難しいし、一杯に入れるのに時間もかかるので、精神的に疲れますね。。ただここはネルドリップ抽出を昔されていて、味はピカイチ。その中でもデミタスはもう濃いのが大好きな私にとってたまらんほど芳醇な香りと、苦みの中の甘味は格別。

デミタスは贅沢にコーヒー豆を通常の量よりも倍近く使用し、逆に量は半分くらいの量で提供するという珈琲店では非常に腕が試される珈琲なわけです。ただ濃くするだけでは苦いだけだし、どれくらい豆の量、もちろんブレンドにするかもそのお店のセンスが問われるところ。店内は「おいしい。。」という吐息なのか、ため息かと思うくらいの声で溢れかえっていました。

店内はものすごく広いとは言えないものの、となりにいるお客さんは知り合いではないけど、「おいしさ」を共感できる場所を提供できるこのお店はすごいなと単純に思いました。

珈琲物語もみんなにそう言ってもらえるようなお店を作らなきゃと、身を引き締めさせてくれる場所となりました。