【生豆情報】スマトラマンデリン

深い苦みとコクを備えた、大人の味

産地:インドネシアのスマトラ島の北部アチェ地区、標高1400~1900Mで生産されている少しお高い銘柄。ロブスタ種がポピュラーなこの国の中で、スマトラ島のマンデリンはアラビカ種になります。

珈琲物語から一言

スマトラマンデリンは個人的に大好きな豆の一種です。なんといってもマンデリンの苦みは独特な苦みです。尖っている要素の一つで、ガツンとくる苦みは一番個性的ですが、後味にくる酸味がなんとも説妙にその苦みを調和させてくれます。焙煎で言うとグレードが高くても欠品豆が多く、ピッキングに時間がかかりますが、出来上がった時の喜びと味はひときわ他の豆と違います。

コーヒーの苦みを感じたい!という方にはもってこいの一品かと思います。当店では「物語ブレンド」にブレンドされていて、苦みももちろんですが、他の豆をブレンドすることで最後はまろやかに仕上げています。