【生豆情報】コロンビアエスメラルダ

全体的に味をまとめてくれる

苦み・酸味ともに尖りがない

【産地】:コロンビアの首都サンタフェデボゴタから南へ約400キロに位置するエクアドルに近いウィラ州生産地域。標高は約1500~1800M。

【採取の仕方】伝統的な栽培・水洗方法で収穫され、収穫される実も完熟果実のみが手摘みにより収穫されます。

【焙煎後の味】良質な酸味とコク、主張しすぎない苦みを感じることができる。

珈琲物語から一言

当店では物語ブレンド・マイルドブレンドにブレンドをしている豆でもあります。(ブレンドによって焙煎度合いは変えています。)全体的なバランスも良く、味わいの最後をまろやかに締めてくれる名脇役と思います。脇役といっても、コロンビアエスメラルダだけで飲んで頂けるとわかるかと思うが、しっかりと苦み、酸味、特にさっぱりとした酸味を感じられる。そのあとに感じられる奥深いコクは、なんとも味わい深い。

良い点にまわることが多いが、尖ったところがない。高いレベルで全体的にバランスの良いコーヒー豆で、どなたでも楽しんで頂けるコーヒー豆かと思います。