どんなコーヒーがおいしいかなと。~焙煎の始まり~

コーヒーに対して自己中心的に。。

本当にこれがおいしい豆なのか?

珈琲物語を開業するにあたって、珈琲物語で焙煎はしておりませんでした。理由は当時修行していたコーヒー屋さんから仕入れていたためです。しかし、ある時気づいたんです。「値段(仕入れ値)もそれなりにするし、最近質が落ちてきてきているな。自分で焙煎しよう!」と。そう思ったことがきっかけでした。

とはいえ、30年前はど素人。焙煎技術はもちろんのこと、機械についてもまだ熟知していませんでした。そこで知り合いのツテをつたって、現在は三鷹にある焙煎屋さんに「いろは」を教えてもらい、珈琲物語に教わった技術を持ち帰ってきました。

現実は違う。。

さあ焙煎しよう!でも焼く豆はどうしようか。どんな豆がいいのか。

生豆もそこの業者に聞けば数百種類以上、もちろん業者ごとに取り扱っている生豆の産地、農園、種類、グレード、、、様々な要件を重ねるとすさまじい数の品数の中で、まずはどれを選ぼうか。。自分の好きなコーヒーの種類は、、

結果的に「コロンビア」の豆が、大きさ、豆内の水分量、欠品豆の少なさしかり、非常に安定していたため、焙煎初心者にとっては比較的焼きやすかった豆でした。ちなみに僕の好きな「マンデリン」は、そのコーヒーでその店の味が決まるといわれるほど、極めて難しく、焙煎技術の必要な豆でした。。今では珈琲物語のマンデリンは大人気商品ですが。。

そして、さあ焙煎となっても、焙煎の操作の仕方は、、、釜の温度は〇〇度で、あっ、生豆入れたら温度が一時的に低くなるから、もう少し温度を高めに設定しておいた方がいいのかな。。

「焙煎をする」ということに行きつくまでの工程が、いくつもいくつも重なり、こんなにも難しいものなのかと思い知らされました。

さて次回は、、、

「自分の好きなコーヒーを作る!」というタイトルで投稿します