珈琲物語流【コーヒー豆の保存方法】

基本の保存方法から、、、

まずは基本の保存方法からおさらいしたいと思います。

密封性の高い容器に入れる:コーヒー豆は焙煎してから「酸化」が始まっています。これを少しでも遅らせるためには密封にしてあげることが重要です。お買い求めやすいもので言えばビン、チャックつきのビニールパックといったところでしょうか。

要冷蔵:常温、またはそれよりも暖かいと酸化のスピードが速くなってしまいます。要冷蔵できるスペースがあるのであれば冷蔵庫に入れておけばっまず安心です。

直射日光を避ける:冷蔵庫に入れていればまず問題はないかと思いますが、問題なのは店頭販売している場合、透明な袋に入れてある場合があったりなかったり。買われた後には光があたらないような容器に入れましょう。

そして珈琲物語流。上記+αです。

要冷凍:当店では「冷凍」します。ただ冷凍するのではなく、なるべく霜が作られない状況を作ります。やはり霜がついてしまうと味が格段に下がってしまいます。冷凍をすることで酸化レベルも極限に遅くすることが可能になり、また香りもコーヒーを立てる際には常温に戻るので損なわずに楽しむことができます。

豆のままで保存:コーヒーミルを持っていることをオススメします。コーヒー豆を挽いてしまうと酸化レベル、香り、風味ともに劣化するスピードが極端に早くなってしまいます。また冷凍保存したとしても霜がつきやすくなってしまいます。「挽いた状態」で注文されるお客様も多いですが、なるべくなら飲む直前に挽いて飲むことほうが味、香り、風味が高いまま楽しむことができるかと思います。

 

+αは実践可能かと思います。是非お試しください!!