焙煎屋が豆を買うならここを見る! ~まずはここをチェックすべし~

美味しいコーヒー豆とは?

そもそもご存じな方は少ないかと思います。ちなみに珈琲物語では焙煎してから3~4日の焙煎豆一番落ち着いていて飲みやすく、味わいもまろやか且つ、コクが出る頃合いです。

※焙煎してすぐの豆はガスを放出しているため、味が荒々しくなってしまいます。苦みが焦げ臭い場合があり、確かに「コーヒーっぽい」と思うのはこちらのほうかもしれません。もし「焙煎したて!」というコーヒー豆であれば、一度そのまま飲むことと、数日寝かしたパターンで飲み比べてみてください。

でもどう見極めるかわからないですよね?でもここのポイントを見てもらえればわかるというポイントをここで教えます!

コーヒー豆から【油】が出てる?

写真は参考までに。(左が生豆、右が焙煎後3日ほど経った豆です。)

ご覧の通り、右の豆の表面がすごくテカテカと光っていますよね?ここが最重要ポイントです。

焙煎したての時のガスが抜けきって、豆自体が落ち着いています。保存方法は要冷蔵がいいでしょう。また、直射日光が当たりにくく、密閉されているビン等があれば最高です。

よって、中身が見れるなら表面がテカテカとしている豆を選ぶべし。そして、飲むべし。

もし中身が見えないようなパッケージ等であれば、買ってみてから、、ではなく問い合わせて聞いてみてもいいかもしれませんね。せっかくの時間と楽しみを過ごすのですから、ちゃんと良いものを飲んでももらいたいです。

是非実践してみてください!