血糖値が気になる方は、、、

魔法の飲み物「コーヒー」

「コーヒー」は様々な雑誌、テレビで健康にいいとされていますよね。タイトルに書いたことは効能の一つです。逆に貧血気味の方は控えたほうがよさそうです。やはりコーヒーにはカフェインが入っており、鉄分を分解してしまう可能性があるからです。要注意!

コーヒーと一緒に食べるとおいしいもの、そう、ケーキです。ケーキがご存じの通り甘い洋菓子で糖分が非常に多く含まれますが、コーヒーを一緒に飲むことで、血中のインスリンの活動を活性化させ、血中の糖質の上昇を抑えてくれる作用があるそうです。

1日に4~5杯飲むと、2型糖尿病(食べ過ぎなどが原因でなる糖尿病)になる可能性が58%ほど、飲んでいない人と比べると可能性が下がるそうです。そもそも食べ過ぎ注意という点と、コーヒーに頼ってはいけないという前提条件ですが、、、

4~5杯は飲まないでいいれど、、、

どの珈琲も元は同じ生豆で栽培されているし、コーヒー内の成分もさほど変わりません。しかし、なぜコンビニのコーヒーと珈琲店の珈琲がこんなにも違うのか?それは間違いなく「手間暇をかける」ことの違いです。

あなたは飲むならどちらのコーヒーを飲みたいですか?