珈琲店巡りをしませんか?

この町にいったらここの珈琲

皆さんにはそんなお店を知っているでしょうか。時間をつぶすだけの空間ではなく、チェーン店でそれなりのお金を費やすんであれば、自分好みのお店を、その街ごとに開拓していく楽しさがあります。

もし誰かと落ち着いて話す場所がほしい時、一人で物思いにふけりたい時、日常的に使用しなくても、何か自分の中で特別な日に使うお店を用意しておくということです。

珈琲物語がある東京下町では今でもなお、珈琲にこだわったお店が数多くあります。まだまだいけていないお店もたくさんあります。一つはものすごく濃く抽出した私好みのお店、一つは私が店を始めた時からある歴史の古いお店。様々です。

その最寄りの駅近くになると、なぜかそこの店に寄ってから帰ろうと思うんですよね。珈琲物語もそんなお店作りに、そんな感情を芽生えてくれるような珈琲を今日も焙煎していきます。珈琲のこだわりについては「情熱」のページにて!