「通」な飲み方

温度の違いを楽しむ

今回は「通」な飲み方のご紹介です。珈琲のホットで飲むときにオススメな飲み方です。皆さんはコーヒーの温度などを気にしたことはありますでしょうか。この温度違いは、非常に珈琲の味と関係深いんです。

通常お店でもお家で珈琲を入れられるときも、沸騰したお湯からコーヒーを抽出し、カップに移し替えて、飲む。ここまでが一連の動作かと思います。大体口につけて飲む温度で適温は約60度くらいといわれていますね。(珈琲物語では抽出後に再度加熱をし、少し温度を高くした状態で提供します。ミルクや砂糖を使用された際に、少しぬるくなることを計算しています。※Mちろんぬるめの温度がいいというお客様に対しては、再加熱せずに提供することも可能です。)

最初の1口は少し熱い場合もあるので、苦みが先に来てしまうかもしれませんが、温度が落ち着いてきたときには「コク」をしっかりと舌で感じます。ここからが非常に珈琲と楽しいところ。一杯のコーヒーで味を変える手段は、「ミルク」「砂糖」ではなく、「温度」なのだということがわかって頂けると思います。

このやり方はもちろんお家でも実践可能なので、是非「温度の変化」での味の変化を楽しんでみてください!ご感想はメールにて!

送料無料キャンペーン

最近の投稿

  • 焙煎屋がカップにこだわる理由
    2018 6.09

  • 血糖値が気になる方は、、、
    2018 6.05

  • 珈琲店巡りをしませんか?
    2018 6.01

  • いいお店の条件 ※写真は千住クレイジーボーイズより
    2018 5.24

  • HOT OR COLD?
    2018 5.20

カテゴリー