100円コーヒーの時代

時代にあったコーヒー

コンビニで大ブレークした「100円コーヒー」。これは仕事をする方々、いってしまえば日本中の人がこれに衝撃を受けた。100円でコーヒーをオフィスで飲めるという手軽さと、持っているとどこかおしゃれに見えるスーツとコーヒーは、相当な売り上げがあったと聞く。

ここでは100円コーヒーの〇×ではなくて、とてもこの成功したビジネスから得たことを、小さな珈琲物語でも生かすことができるなと改めて考えさせられたものである。「100円」というワンコインと、買ってすぐに抽出をセルフでできるスピード感、そしてオフィスでコーヒーを飲むビジネスマンが圧倒的に多いという市場調査の中で、お客様のニーズに答えたのがこのサービスだと思っている。現に、色々なフレーバーも販売されているが、実態売上が高い状態且つ、維持しているのは普通のブラックコーヒーとのことだ。

安さだけで勝負してしまうと、価格競争になってしまい、全くビジネスとして成り立たない。一定の100円にすることで、その中でできるクオリティを他社同士が競争しあっていることは非常にお客様としてもありがたい。

珈琲物語は競争はどこのお店とはしていないが、お客様からの要望は非常に頂く。この豆はないのか?などはよく要望としてもらえる。その要望は「ないから×」ではなく、珈琲物語のコーヒー豆を飲みたいから要望してもらえていると受け取っている。しかし、珈琲物語ではこの種類、焙煎で行っているため、細かに要望を聞くことが非常に難しいことではあるのだが、できる限りの範囲で聞くようにしている。(gを多くして一緒に詰めてほしいとかくらいだが、、)

お客様のご要望は非常に店舗にとってもありがたいこと。是非お問い合わせフォームから色々とご意見ください。商品化もあり得るかもしれません!