珈琲物語の情熱

「幸せ」という表現は抽象的で、僕にはコントロールできない。
でも、珈琲を通じてそう感じてもらうことはできる。」
珈琲物語は30年間、自家焙煎にこだわってきた。
そこにはお客様に美味しく飲んでもらうことはもちろんのこと、
飲んで一緒にいる人と「幸せ」を共感してもらいたいと考えているから。

珈琲は様々なタイミングで飲む。
朝、夜、友達と…そこには大切な人がいて、楽しい時間を過ごしたいはず。
その時間の中に珈琲物語の珈琲があると30年やってきた甲斐がありますね。
店舗でもコーヒーを提供していることから得た本当の自家焙煎珈琲の意味。
美味しく、幸せになってもらうことが店主の一番求めていることです。

日本には四季折々の気温、湿度、環境の変化がある。
そして、生豆にも生産国の環境、クオリティ、豆内部の水分量、
様々は要因を経験で判断し、「煎り止め」しなければならない。

「焙煎に「完全」はない。」
電気釜と違い、時間設定や、火力調整等は全て「感覚」。
それでもなお「完全」を求めるのは、
珈琲物語の「こだわり」といえるべきところだと思います。

「焼きムラ」があると「不完全=美味しくない」豆になりやすい
だから珈琲物語では生豆時のピッキングは入念にやるし、
焙煎時の火力・温度調整も細部にまでこだわる。
もちろん焙煎後のピッキング作業も。
完全に限りなく近づけ、あとはお客様の判断。
美味しいと言ってもらえれば、少しほっとします。

1杯の珈琲に懸ける細部へのこだわりが、
30年間愛され続けてきた理由はなのかと自負しています。